ペットと暮らす 住宅リフォーム  京都長岡京にて

先週、京都リビング新聞社からの 依頼にて、

以前に当社でリフォームした お住まいの取材をして頂く事に。

長年猫ちゃんを 家族の一員として 飼っておられ、

自由気ままな猫ちゃんは、夜寝るとき 娘さんの部屋にいつも

来ては、ドアをカリカリして 泣いていました。

その為、娘さんは眠るときはいつも ドアを少し開けて寝ておられました。

ドアを開けていると、落ち着かず 冷暖房も効きが悪くなるので、

なんとかゆっくり眠れる様に ドアに細工出来ないか?というご依頼から

始まったのです。

では、既存の扉に いつでも出入り出来る ペットドアをつけましょう!
o0768102411187133352
ネコちゃんの力でも軽々

あれから、1年ちょっと 過ぎ、今では 毎日くぐってくれている との事。

その名も  “ ペットくぐ~る。 ” なんで。 

カメラマンの写真撮影にも 何度も チャレンジしてくれた猫ちゃんの様子。
テイク 6 位お願いしました。

T様 ねこちゃん 有難うございました。

そして、うまく活用して頂いてたし、良かったです。

リビング新聞は 5月初旬に 乗る予定の様なので、楽しみです。

カテゴリー: ペット パーマリンク