住宅用火災警報器 交換の目安は約10年

住宅用火災警報器は、設置して約10年が交換の目安です

平成18年6月1日より火災警報器の設置が義務化され、間もなく12年が経ちます。

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しない恐れがあります。万が一に備えて、早めの取替えをおすすめします。

yjimage100この音が鳴ったら交換時期です

電池切れになると…ピッ

電子部品の寿命で故障すると…ピッピッピ

 

 

画像は【Panasonicけむり当番・ねつ当番】

 

カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ, 電気工事 パーマリンク