気になるぶかぶか床…フローリングの貼替え

こんにちは吉川です

先日、弊社の顧客O様より、「リビングの床がぶかぶかしてて、そのうち底が抜けるんちがうやろか…と不安なんです。」とご連絡をうけ、早速確認に伺わせていただきました。

あぁ確かに一箇所だけ、かすかにミシミシと音がなり歩くとグッと沈み込んだところがありました。

一般的に、家を建ててから15年ほどすると張り替え時期と言われています。お家の環境(温度、湿度など)にもよりますが、15年〜20年ほど経つと床の下地が痛んだりフローリング自体が変形したりするためです。

今回、このような症状は一箇所だけだった為、劣化部分のみを剥してコンパネに貼り替え下地補強を行いました。

他はしっかりしていたので既存の床の上に新しいフローリングをリビング全体に重ねて貼ることにしました。

IMG_4871

 

 

赤い部分だけが劣化してしまう

 

 

後1

 

 

 

 

 

完成です

ブカブカも解消され、フローリング材を変えただけでリビングの雰囲気も変わり、O様にも大変喜んで頂きました

O様、本日もありがとうございました

カテゴリー: キッチン, スタッフブログ, 小さな修繕工事, 未分類 パーマリンク